「供養」は、「尊敬」から

「三宝への物品の提供」「礼拝対象へ香花をたむけること」「死者などに供物を献じてその霊を慰めること」と意味がかわりました

動物も人間と同じく生命を有するものであるという意識は大切にしてほしい。

祭壇にお水や花、食べ物等献じ「供養」の原意が「尊敬」であることを忘れずにしてほしいものです

供養は決して僧侶に頼るものでなくあの子に感謝の気持ち(appreciation(アプリシエイション))を持つことで供養となります。