信州ペット訪問火葬の流れ

■御臨終になった、ペットのご遺体の安置は、

●手足から死後硬直が始り手足が突っ張ったままの状態になりますので、優しく手足を、体の方へ折り曲げておき、涼しい場所にバスタオルやシ-ツを敷き、そっと寝させてあげてください。毛並みを整えてあげ、お口や瞼は、閉じてあげましょう。

●ご遺体の安置は涼しい場所に置いてあげてください。又2日後・3日後と火葬を先にする場合は日中は冷房のある方が良いと思います。保冷剤やドライアイス(スーパ-デリシアでも手に入ります)も用意が出来ましたらお腹のところに当ててあげれば安心です。

■葬儀当日は、

●訪問火葬車が、到着しましたら、火葬依頼書をご記入いただき、担当者よりお引受書をお渡し致します。お骨上げまでの手順をご案内させていただきます。

●テ-ブルを火葬炉の近くにご用意致しますのでそのままの状態でお連れ下さい。火葬炉にペットの頭部を奥にそっと寝かせていただきます。(白い紙を敷いております)これが、最期のお別れになります。お渡しする櫛で毛並みを揃えてあげて下さい。(ダンボ-ル箱にいれての火葬は、御遠慮いただきますが、大きなワンちゃんの場合はシ-ツで包んだ状態にしていただけたら火葬炉へ納め易くなります。)

当日ご用意いただくものはございません。供花をされる場合は、茎は切り、花の部分だけにして、ご遺体の周りを可愛く飾ってください。

大好きだった食べ物は、紙に包んで口元に置けるようにしておいてください。他にお手紙、写真なども一緒に入れる事はできます。

●ご家族様からご指示をいただきましたら火葬炉を閉めさせていただきます。祭壇は、車に用意しています。お線香の用意もありますので、必要な場合は、係員にお申し付けください。一緒に合掌してお送りいただきます。当社のお線香は宗派により寝かせますので、ミニサイズ(通常の2/3サイズ)を使用しています。

●お骨上げのご用意が出来ましたら、皆さまお揃いで執り行います。エコ壺に納めてご還骨(ご返骨)させていただきます。又、メモリアル・ボックスの用意 もありますのでお申し付けください。(小動物を除き費用はいりません)

◎線香・黄楊櫛・メッセ-ジカ-ド・カプセルは、ご希望の場合にご用意致しますので、不要の場合は、葬儀依頼書に不要とご記入ください。

■ご記入されたメッセ-ジカ-ドをお読みいただいたり黙読で最期のお別れを告げて下さい。  

■火葬後のご遺骨は

49日・三ケ月・一年・三年等の区切りで埋葬をお勧め致します。御自宅のお庭等に埋葬をしてあげるのがよろしいと思います。樹があるお庭ならば、樹の下に埋葬してあげて下さい。ご自宅での「樹下埋葬」です。二年くらいで遺骨は土に還りますが、樹に向かって「おはよう」といつまでも声をかけられます。そこへお花を植栽してあげてもいいですね。

・弊社がご使用している、エコ箱の場合そのまま埋葬できます。箱の中に一緒に埋葬品(土に溶ける物)を入れる空間もございます。ご遺骨をずっととって置きたい気持ちもあるでしょうが、その子を知っている家族が自然の命は・・・自然に還してあげる事が一番良いと思います。

埋葬されたご遺骨は何時、土に還るという事より埋葬した時点が自然に還った時と考えて下さい。決して掘り返すものではないからです。

・当社の樹下埋葬園【感謝の苑】へのお引き受けもできます。

・ご遺骨をパウダ-希望の場合は、ご予約の際にお申し付けください。(当日の場合は別途3.000円(小型犬、猫、兎等)~7.000円(中・大型犬)にてお引き受けいたします。)

●注意してください・・納骨堂をお考えの場合は、何年かすると処分されてしまう場合が 多々あります。よくお調べにならないと可哀そうな事になります。従って当社は民間の納骨堂等でお預かりする御紹介は(寺院を除く)致しません。

■料金のお支払について

●大変恐れ入りますが原則、現金でのお支払いでお願いしております。後日の支払いの場合は支払条件を満たした場合にお引受する場合もございます。

●詳しい料金欄はこちら

 

■予約後、取り消しが生じた場合のお取り扱いについて

●お客様のご都合で、取り消しが生じた場合は、当法人の定款によりキャンセル代が発生する場合がございます。

その他

●残ってしまった猫・犬の餌・オムツ・猫砂・シ-ツ等について不要の場合は、弊社でお預かりして有効利用する機関に届けさせていただいております。大変に助かっているそうです。

●当法人の売上の一部は、バ-スコントロ-ル(産児制限)の活動へ役立てております。